野良猫君がやって来たニャア

引越しする日、ずっと妹が泣いてました


二十年間私は住んでいました。でも仕事のため、実家を出て一人暮らしをしないといけないのです。そのために引越し準備をしていました。ずっとそばでまだ十歳の妹が見ています。私と離れるのが寂しいのでしょう。

「本当に引越すの?」「やめちゃえば」と何度も言っています。とても寂しいみたいです。ずっと一緒でしたが、これからは離れて暮らすのです。それが信じれないみたいです。

私が十歳の時に妹は生まれました。とても可愛くて、私はずっと大事にしてきたのです。部屋も一緒で寝る時も一緒でした。でもこれからは一人で寝ないといけません。そう思うと私もとても寂しいです。

そして引越しする日、妹はずっと泣いていました。両親が荷物を運んでくれている間、私はずっと妹といました。泣きじゃくる妹をあやしていたのです。でも気持ちがわかるから、私も泣いてしまいました。

でも一生の別れではありません。長い休日には戻ってきます。その時を楽しみにしています。

引越し費用はどんな方法で節約することができるのか