野良猫君がやって来たニャア

スマホでインターネット一括見積もりを送信すれば


最近では、取り締まり中の監視員が腹いせから「荷さばきスペスの確保」暴行を受けたり、駐車違反金の未納者が増えるなどの次なる課題が生じている。これを防ぐには、法制度の整備と公平・公正なジャッジ、さらに欲をいえば、社会教育の側面がある一方で、質の高い駐車監視員を育成しなければならない。

しかし、現状では、質に見合った給与を支払う財政がないことなど、課題が多い状況である。著者は、この対応策として定年後の警察官がふさわしいと考えてきたが、世論は『天下りを許さない』という風潮にある。経験豊富な警察官としての訓練成果を、定年後における特定職務での再雇用による安い給与での奉仕は、悪いことだとは思わないし、むしろ適任ではないだろうか。現在の監視員制度による支出レベルで、質の高い駐車監視員を確保でき、場合によっては年金の支給時期を遅らせることや定年と支給時期までのギャップも埋めることができると考える。
 本来であれば、より高給を支出することで質の高い駐車監視員は確保でき、監視業務受け持つ企業が一般公募による採用で、トレーニングしていくことが望まれる。