野良猫君がやって来たニャア

Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので


WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。
このプロバイダが提供しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。
本来は月額500円掛かる有料サービスなので、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に付いて来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額362円の有料サービスもあります。
Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは一体何なのかと言えば、ワイヤアンドワイヤレス社の提供するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の運営するUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。
対象となるWi-Fiスポットは全国10000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどと言った場所で使用する事が可能です。
Wi2エリアの中では別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアが存在しますが、オプションエリアチケットを買い取った金額分はGMOポイントで還元して貰えます。(【ブックマーク必須】Broad WiMAXの魅力と、上手な利用法より抜粋)

Speed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX機器です。その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、従来の倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
合わせて、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言う広い通信エリアに対応する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に装備していませんから、USBポートから給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすると、月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貯まります。

貯まったGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に利用する事が出来ます。BBウォレットの残高にお金を入れておけば、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いとして使用されます。
他には、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに使用する事も出来ます。
近ごろ、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。例として、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を導入しています。

並びに、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入しています。どっちの保証制度にしろ、違約金を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。最近のインターネット業界は、モバイル業界への人気の高まりを感じるようになりました。

 

固定回線は使用場所が限定的なのに対して、とても便利なインターネットサービスとなっています。

モバイルと言うと、通信状況の信頼性が欠ける感じはあります。とは言うものの、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、安定性は割りと良くなっています。

と言う事なので、モバイルとは言えども、バカには出来ないです。

 

WiMAX通信に対応した通信機器は、年々新製品が発売されます。

それぞれによって機能が異なり、出来る事も違います。

中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売でしょう。
このWiMAX機器はau 4G LTE通信に対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXには、通常3種類の料金プランが存在します。
28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、月々の料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。
その他にも、ギガ放題プランを2年間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。時たま、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、これはいつもラインナップされている料金プランではありません。
WiMAXを取得すると、WiMAX端末しか使わないから、屋内がすっきりします。

光インターネットだと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。モデムは月々レンタル料が掛かり、月額使用料金に追加課金されます。

 

他には、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますけど、無線カードを使用する際はレンタル料を請求されてしまいます。
WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、少し変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを取り扱っています。そんな理由で、3WiMAXで提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全く異なります。

具体例を挙げると、3波のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダにはランナップされていません。
WiMAXを使用する時に、注意すべき速度制限が二つあります。
ひとつめは、月間データ量による速度制限と言う、7G制限って呼ばれているものです。

ふたつめは、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものが存在します。ギガ放題プランで契約する事で、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。

 

ただし、混雑回避の為の速度制限は適用になります。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っており、そのラインナップの多さも評判の秘密です。
だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由としては、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。それに加えて、サポート体制もしっかりしているので、そう言った点が人気を支える大きな要因となっているのです。URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末で、バッテリーが組み込まれていない関係から、使用目的は屋内使用のみに限られています。けれども、可動式の高利得アンテナが外付けになっており、受信性能の高さが特徴の一つとなっています。
合わせて、一度に16台もの機器をWi-Fi通信出来る上、2台の機器を有線で通信する事が可能です。また、WiMAX通信のみを利用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限を気にせずインターネットを利用する事が可能です。
BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすれば、二種類のキャッシュバック特典から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。

一つ目のキャッシュバックキャンペーンが契約12ヵ月目に手続き開始になる現金でのキャッシュバックで、もう一方のキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。

Gポイントの方が貰える金額が若干多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った段階から貰えるのに加え、貰い損なってしまう危険性も現金キャッシュバックより低いです。
GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用可能ですし、楽天ポイントやWAONポイントやTポイントなどの約140社のポイントに変換出来ます。
WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。WiMAX端末の種類は豊富で、WiMAXの技術力は次々と上がっています。一例を挙げると、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。
更に、通信速度も年々速くなって来ています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が倍に速まりました。So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの契約を行なう利点ですが、セキュリティサービスが一つと言えます。

その理由は、So-netが提供するインターネットサービスはWiMAXに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点が好評なのです。付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事で、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSに対応してて、最大で5台の機器までインストールする事が可能です。
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティをセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの色々なリスクを減らす事が出来る点が、非常に嬉しいキャンペーン特典と言えます。WiMAX端末の中には、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線を扱えるものもあります。

au 4G LTEは人口対応率99%と言う通信回線で、広いエリアで利用出来ます。
その上、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、奥まった部分にまで電波が届きます。他方で、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、速度制限が普通に掛けられます。顧客満足度ナンバーワンのWiMAXではありますけれども、速度制限と言う通信制限がある事も考えながら使いましょう。
他のモバイルサービスと比較すると、そこまで厳しい速度制限を掛けていないのがWiMAXです。そうは言っても、通信量によっては速度制限が適用されますので、通信し放題だと勘違いしないようにしたいものです。
しかし、万が一速度制限に掛かってしまっても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。

近年のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。

au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用して、人口カバー率99%を超える、かなり受信しやすい通信回線です。
800MHzと言った低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置まで電波が届きやすいです。

今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。

 

WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。結構な価格となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなってしまいます。

そう言う訳で、それぞれのプロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。

プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選択すると良いです。
URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末でして、持ち歩きが楽で利便性が高いです。

 

URoad-StickをUSBポートに接続することで、そこから電気をまかないながら扱う事が出来ます。
難しい設定も不要で使用出来ますから、そんな手軽さが人気のWiMAX端末になっています。対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、通信の下り最大速度となると110Mbps出す事が出来ます。周知のようにWiMAXには通信制限がありますが、そんなに厳しいものではないです。
ギガ放題プランにて契約すると、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がありません。
混雑回避の為の速度制限の場合も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。速度制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さはキープされます。WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているとこもあります。具体例を出すと、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合だと、DTI Club OffってDTI会員限定の独自の割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、日本全国にある宿泊施設やテーマパーク、加えて、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。

展覧会やミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスは幅広いですから、さまざまな方に価値を感じて貰う事が出来ます。WiMAXの契約時、料金プランの選択が必要です。

プロバイダ毎に多少の違いはありますが、大きく分けると2種類料金プランが存在します。
それは、通常プランとギガ放題プランです。

ギガ放題プランは月額料金が高額な料金プランですが、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。
それに対し、通常プランは月額料金が安いですが、速度制限の規制が厳しくなる分、使い勝手は悪くなります。月にどれだけの通信量が必要かを考えながら、どちらの料金プランを選択するかを決めましょう。WiMAXサービスを使っていて感じる利点は、いくつかあります。
まず、モバイル回線って事で、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。次に考えられるのが、モバイル通信と言う事で、回線工事が不要だと言う点です。

はたまた、モバイルの通信規格と言う点で、低負担のインターネットサービスと言えます。

はたまた、通信の規制が厳しくないと言う部分も、WiMAXが素晴らしいところと言えます。
WiMAXサービスと契約を申し込む折、様々なキャンペーンサービスが付いています。

特に便利なのが、公衆無線LANのサービスでしょう。
UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多数のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXというプロバイダがあります。

Broad WiMAXの特性には、月額料金が安い部分が挙げられます。

その分だけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが実施されています。
契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長い期間契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機としてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX機器です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を備え、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比較すると、一回り広範囲での通信を行えます。

 

加えて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応しているところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の全く違うところと言えます。WiMAXの中において、一番サポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を一番持っていますし、トラブルが起きた際のフォローも最も迅速かつ的確で、電話サポートの対応時間も最長です。

 

しかしながら、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店と契約を行なうと言う方法もあるのです。
代理店ならキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言った良いとこ取りが出来ます。WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが、幾つか存在します。契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、その点、留意する必要があります。
具体例を言うと、出来るだけ安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うプロバイダがお勧めのプロバイダと言う事になります。

この様に、各プロバイダで契約内容は変わるので、間違いの無いプロバイダと契約を行いたいものです。