野良猫君がやって来たニャア

どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う


WiMAXと契約を行う時、様々なキャンペーン特典が付いて来ます。

 

中でも便利なのが、公衆無線LANが利用可能になるサービスです。
UQ WiMAXだとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。

どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。Broad WiMAXの特長には、月額料金が安い部分が挙げられます。
その分初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。

 

契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダですから、長い期間契約を継続する人にとってお勧めのプロバイダです。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。(Speed Wi-Fi NEXT W01の価格を安く抑えるには?にて)

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りほど広範囲での通信に対応しています。
その他、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いと言えます。UQ WiMAXのサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約プランが基本です。
その理由ですが、25ヵ月間継続の契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。合わせて、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になるので、結局、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

 

500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんけど、割引きは月単位の事ですので、お得感はどんどん積もり積もって大きくなります。光インターネットサービスが主流ではありますけれども、モバイルインターネット業界も魅力があり、気になる存在となって来ました。固定回線は使用場所が限定的なのに対して、利便性と言う点では大幅に向上しています。
そう言う面とは逆に、モバイルに対して通信状況は大丈夫なのか気になって来ます。
だけど、モバイルの整備は目まぐるしく進んでいますから、安定性への不安は払拭されています。

って事で、モバイルの安定性は、決して安定しないと言う事は無いです。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応して、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。

 

この技術によって、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなる訳です。その他には、Bluetoothに対応していますので、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が可能となります。WiMAXに申し込めば、その機能性の良さに驚かされます。

自分が感じたのが、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、通信制限でイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。

 

WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を請求されてしまいます。それだけ長期契約期間になっていますから、しっかりとしたところに申し込みを行いたい所です。

 

意外と見落とされがちな部分が、各契約先のカスタマーサービスの対応です。電話対応が休日は非対応だったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダも少なくないですから、ちゃんと考慮してから契約を行いたいものです。モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAXの他にも色々なサービスがあります。

 

一例を挙げると、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEがあります。

 

このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、最大通信速度が3Mbpsほどしか出ないのです。

ぷららモバイルLTEの通信速度なのですが、速度制限の際のWiMAXよりも遅いです。
だから、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べるならば、常時速度制限が掛かっている状態とも言えます。

 

WiMAXサービスの月々の料金ですが、なんと、契約先によって料金が異なります。

具体的には、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が割引きされます。
この他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですが、契約から25ヵ月目の月額料金は高くなります。
こう言った様に、各契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を検討しましょう。WiMAXの端末は、どんどん性能が上がって来ています。
何よりも、通信速度の向上が際立って、現在は、下りの最大通信速度で220Mbps出ます。
ただし、近頃は通信の速さより、総通信量に対する注目が集まっています。
新しいWiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。

 

なぜかと言えば、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限と言われる3日間で3GB以上の通信を行ったユーザー対象の速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。そういう理由から、製造会社及び使用者的には、優先度が変化して来たのです。
WiMAXを利用する時に、注意すべき速度制限は二種類存在します。

一つめが、月間データ量による速度制限、俗に言われている7G制限と呼ばれているものが存在します。ふたつ目が、混雑回避の為の速度制限と言われるものです。ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。ただ、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円も掛かります。

かなりの金額となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなります。

そう言うわけで、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますから、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。

月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言うプロバイダがございます。圧倒的に月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ制約を付けない中であれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダだと言えます。

だけども、auスマートバリューmineに対応していませんので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。その上、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中では、完全独自のキャンペーン特典が用意されているとこもあります。例を挙げれば、DTI WiMAX? 2+と言うプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員限定の独自の割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、日本全国にある旅館やレジャー施設、その他、スポーツクラブやインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。展覧会やミュージカルのチケット、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、色んな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応地域が拡大しています。
加えて、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま踏襲し、広いエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
当然の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応してて、充電しながらの通信も可能です。WiMAXのサービスを利用する際は、速度制限に注意しながら使用する必要があります。
他のモバイルインターネットサービスと比べると、そこまで厳しい速度制限を掛けていないのがWiMAXです。とは言え、通信のし過ぎは速度制限の対象となってしまいますので、その点には注意しましょう。
ただし、万が一速度制限に掛かってしまっても、基本的なインターネット位なら、普通に使用する事が可能です。
WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは、何社かあります。

契約するプロバイダ単位でキャンペーンや契約内容が違いますので、この点、注意しましょう。
一つの例ですが、様々なネットサービスを無料で利用したいと考えている方は、PEPABO WiMAX 2+が合っています。

こう言った風に、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、自分にあったプロバイダと契約を行いたいものです。
最近、WiMAXの契約先の中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。例を挙げると、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。
それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用しています。どこの保証制度にしても、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。WiMAX通信専用のデータ端末は、年々新製品が開発されます。
個々によって機能が異なり、スペックも異なります。そんな中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場です。

このWiMAX端末はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。WiMAX通信の出来る端末のサイズは、スマホよりも小さいです。と言う訳で、持ち出しするのに邪魔になりません。ポケットに入り切るサイズですし、重さも厚みも大した事無く、ポケットが膨らんでみっともなくなるような心配は無いです。

WiMAX機器は、スマホアプリを使って操作可能です。そう言う事で、WiMAX対応の通信機をカバンの中に入れ、そのまま使う事も可能です。

 

WiMAXを購入すると、WiMAX端末しか必要ないから、部屋がすっきりします。固定回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。

モデムは月々レンタル料が掛かり、月額料金に追加課金されます。

また、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますが、無線カードを使用する際はレンタル料金を請求されてしまいます。

 

WiMAXサービスの魅力としては、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。無線を利用しますので、インターネット環境を持ち運ぶ事が出来るようになります。重ねて、WiMAX機器はポケットサイズですし、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。そう言う部分を考えると、タブレットとの相性が抜群です。ですから、プロバイダによってはWiMAXとタブレットをセット売りしているところもあります。WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。専用のWiMAX端末は定期的に新製品が登場し、WiMAXの技術力は次々と上がっています。例を挙げれば、WiMAX端末にWiMAX回線以外のWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が導入されました。また、通信速度が年々速まっています。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入され、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速まりました。
nifty WiMAXでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。対象となるWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が可能となります。WiMAX端末が手元になくても使用する事が可能ですし、帯域制限も気にしなくて良いので、とても評判の良いサービスになってます。

 

前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、良い意見も悪い意見もあります。具体的には、建物内では通信速度が落ちるだとか、そんな悪い意見もあります。にしても、WiMAXの高性能化に伴って環境も変化しています。

と言う事で、口コミの内容が現在は改善されていると言う事も多々あります。
口コミサイトでWiMAXの記事を読む際は、投稿日が古いほど信用性が下がると意識するようにしましょう。
WiMAXサービスの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。

他のモバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。
出来る事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。
それに対して、WiMAXならば堂々と映画が観れますし、24時間ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。
WiMAX機器の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。

au 4G LTEは人口カバー率99%の通信回線で、幅広いエリアで利用出来ます。そればかりか、800MHzのプラチナバンドを使用していますので、奥まった場所まで電波が行き届きます。

 

その代わり、一回でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開しており、そのバリエーションの多さも人気の秘密です。ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由としては、業界最高額のキャッシュバック特典にあります。

それに合わせて、サポート体制もしっかりしているので、そう言った点が人気を支える大きな要因となっている訳です。
WiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超えると言う、かなり繋がりやすい通信回線です。800MHzと言った低周波数を使うプラチナバンドで、障害物をすり抜けたり回り込んだりして、奥まった位置にも電波が行き渡りやすいです。
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がって来ています。