野良猫君がやって来たニャア

マンション購入時の住宅ローン金利について


マンションを買う時は、マンションの条件と、予算とのバランスを考えるものです。

もしも、住宅ローンを利用してマンションを買うことを検討しているら、ローンの金利次第で支払うことになる金額は全く違うものになります。3,500万円の35年ローンを利用した場合、金利1%時の返済額は3,500万円です。500万円分の利息を払わなければいけないことになります。3,500万円の35年ローンを、金利1%ではなく金利0.8%で借りた場合の返済総額は3,400万円になりますので、100万円分がお得になるというわけです。0.2%の金利の違いといったらわずかのように見えますが、100万円の違いがありますので、無視できません。大抵は、大枚はたいてマンションを買うという人が多いため、金利のわずかな違いに気づいても、大したことがないように見えます。何千万円もするものをいざ買うことになると、金銭感覚が麻痺ることもあるかもしれませんが、ちょっとしたこともにも注意を向けましょう。高い服やインテリア、自家用車、ごちそう、旅行など、100万円が浮けばその分は色々な可能性があるお金といっていいでしょう。パーセントで表記されると、ほんの小さな数字のようにも見えますが、元になる借入金が大きいと、利息もまた高額になります。マンションを買うために住宅ローンを組むという時には、利息や、完済までの期間、1カ月当たりの負担額など、細かくチェックをしましょう。変動金利にするか、固定金利にするか、もしくはミックス金利にするかを考えることも、住宅ローンでは重要です。住宅ローンの申し込みをする時には、貸付条件や、返済の手順についてよく調べてから、自分達にとって使いやすいものにしましょう。福岡 脱毛