野良猫君がやって来たニャア

脂肪を分解する注射のメリットとデメリット


脂肪を分解する効果のある注射はその名前の通り、脂肪の層に、脂肪を溶かして燃やす成分の入った薬剤を注射で挿入することです。

メスを使って皮膚を切開することがないので、薬液を注入するタイプの脂肪分解施術では、体への負担が少なく済みます。他の脂肪除去手術と比較して、施術時間が大幅に短縮できることも、脂肪分解手術を受ける人が多い要因になっています。脂肪を切除する方法では、皮膚の痛みや腫れが心配になりますが、脂肪分解効果がある注射をするだけなら安心です。メスで皮膚を切る美容施術では、お肌へのダメージが大きなものになりますし、メスの使用に抵抗感のある人もいます。脂肪除去手術に充分な時間を割くことができないという人でも、薬液を注射して脂肪を分解する方法なら素早く済みます。

頑固な脂肪を分解する作用があるため、どんなダイエットを行っても全くサイズダウンしない部分がある人でも、効果が期待できます。家事や仕事で忙しく、まとまった時間が確保できないけれど、部分的なダイエットをしたいという人におすすめの方法です。まとまった量の脂肪がなければ、薬液を注入することは難しいので、脂肪分解施術は、脂肪量がある程度あるところにしか利用できません。施術後しばらく、脂肪分解をした場所にあざや、腫れができることがあり、部位によっては目立ってしまいます。化粧をすることで、腫れやあざをわからなくすることもできますが、人によっては隠しようがないほどくっきりとしたあざができます。人と会うことが少ない時を見計らって、脂肪分解施術をうけて、腫れやあざをごまかしやすくしておくといいでしょう。ベルブラン 口コミ