野良猫君がやって来たニャア

MCIの基礎知識


MCIというのは軽度認知障害といわれる認知症(不治の病と言われます)の一つ前の段階の症状などをあらわす言葉(時には武器にも凶器にもなり、人を救うこともできるものでしょう)です。この症状を含めた認知症(不治の病と言われます)患者と予備軍の人数は、六十五歳を超えた老人人口のだいたい4分の1くらいの割合になっているとわかっています。

更に数年の後にはこのパーセンテージが30%を超えて増えるといわれています。認知症(不治の病と言われます)を治すのに重要な事項は正しい手法と考えで症状にあった治療方法をやっていくことです。といいますのも、認知症(不治の病と言われます)と呼ばれる病気にはタイプがあってそのタイプと状態の悪化具合などにより正しい治療法が違ってくるからです。適切ではない方法で治療を続行してしまうと(自己流は危険です)症状が軽くなるどころかもっとひどくなってしまうことすらよくある話なので気をつけましょう。

脳の血管型の認知症(不治の病と言われます)の人は一般論では爺の人数比が多くなる傾向があります。

一方、アルツハイマー(女性に多い)と呼ばれる認知症(不治の病と言われます)の人は婆の人数比が多くなると言われております。

認知症 予防 アロマ