野良猫君がやって来たニャア

認知症ケアは周りの対応が大切


認知者は、本人に分かりにくい点で家族の皆さんで、早く理解して上で医者への対応となりにくい為の基礎知識と予防対策を早くとる。発生(認知症)を早い段階でとることが大事であるし、普段からの規則正しい生活を心がけ、適度な体への運動やレクレーションで心身のリラツクスを行い、ストレスを持たないことと考えます。

基本的には、昭和初期の時期でいろいろな面で不十分な時代は、生活するに不便で自分で行うことが、数々多く。更に、自分の足で歩くことが、多く、毎日の生活の中でも体を動かす。このような状況が、体の機能を良く、使いながら生活していた点が、現在の便利で、楽で、食べ物も動物性の食材を食べることになり。肥満になりやすく、色々な情報過多で脳が、休まらない状況であると考えます。以上の点で、日ごろから本人が、注意しながら心がける。家族は、認知者を抱えると家族の多くの面で、戸惑いありやもすれば、バランスを乱しかねない。この点も、素直に受け入れて自分(個人の負担増)で対応するのでなく、関係機関へ応援依頼を要請.依頼相談と外へ広げる。高齢者の増大で過去は、良い時代もあり。現在は、増大するのも当然である。又、医学の進歩で対応もある。以上のことで、前向き的の対応することと考える。プラズマローゲン