野良猫君がやって来たニャア

コンパクトカーと軽自動車の割引額には差がある理由とは?


自動車を購入する時に出来るだけ安く、実用性がある自動車を購入したいと思った場合には、値引き交渉を行う必要がります。この自動車の値引き交渉を行う場合には、普通自動車のコンパクトカーと比べると軽自動車の場合には、自動車の値引き額が少ないことに気づきます。この軽自動車の値引き額が悪い理由は、軽自動車が元々、車体価格が低いのが理由です。

普通自動車の売には、200万円を超える自動車が多いですが、さらに、安めのコンパクトカーと言ったような普通自動車の場合でも160万円や180万円と言ったようにある程度の価格がします。軽自動車の場合には、オプションを色々と付けても200万円は超えません。この為、実際に軽自動車を購入する時は100万円台になっています。

普通自動車はよっぽど安いものを除けば200万円ぐらいするので、値引きを10パーセントおこなったとしても20万円の値引きになりますが、100万円の軽自動車の10パーセントは10万円です。このように車体価格が安い場合には、どうしても値引き率が同じでも値引き額は少なくなってしまいます。

中古車 値段