野良猫君がやって来たニャア

デミオの評価


旧型のデミオ(マツダ2)は、2008年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞を
獲得した。つまり、世界の最優秀車賞に輝いた。同年4月にニューヨークでの表彰式。
会場は驚きに包まれた。世界がどれだけマツダを高く評価しているかをわかっていなかった
ようだ。だから新型デミオは失敗は許されないと相当期待されていた。
このデミオで4つ目の柱となるコアモデル(アテンザ、アクセラ、CX-5)が登場
したことになる。海外の評価であるがイタリアは、新型マツダはプレミアムセダンの質感が
加わり、ポロ、フィエスタ、208、クリオルーテシアと戦うには必要だと伝えている。
さらに新型マツダ2は本当によい方向に変わった。まずデザインが彫刻っぽくてアグレッシブ
になっている。グリル周りはシャープできれい。室内はとてもエレガントでシンプル、
マルチメディアのスクリーンは使いやすいし、1クラス上のカッコいいデザイン性を持っている
と伝えられた。

レクサスRX