野良猫君がやって来たニャア

知っておきたいサラ金の時効がわからない


生活費が足りない、どうしても欲しいものがあった、そういった気持ちで安易にお金を借りてしまうことがあります。

特に最近はショッピングリボなど借金と考えず行ってしまうケースもあり、お金を借りるハードルがかなり下がっています。

そして住宅や車を購入する際のローンというのも広い意味では借金になりますが、これらは少しニュアンスが変わってきます。

問題はサラ金から借りてしまった場合で、今は法規制が進んでいて利息も定められた率となっていますが、それでも時と場合によっては高額になることもあります。

そして気付けば返せないほどに膨らんでしまった、自己破産くらいしか方法が残されていない、そういったことがあります。

しかしひとつ知っておくといいのは、サラ金には時効があるということです。

これは法律で定められていて、法人の場合は5年、個人は10年で期日が過ぎた後は返済の義務がなくなります。

ポイントとしては10年間一度も返済をしなかった、借金が現実に存在することを認めないこと、この2点をクリアすれば民事裁判を起こされたとしても、返済義務は生じません。

それでも執拗に返済を催促してくる場合は弁護士や司法書士に依頼をして、内容証明を送ることで解決します。

ただあくまでこの時効は法律上のものであり、金融業者も詳しく知っていて、さまざまな手段で条件クリアを阻んできます。

それゆえ時効を待つのは難しく、困った時には債務整理を行った方が安心です。あわせて読むとおすすめ>>>>>消滅時効の援用手続き方法【簡単にわかる!】