野良猫君がやって来たニャア

生命保険の知っておきたい賢い活用方法3つのポイント


私は、損害保険会社に40年勤務してきました。生命保険の子会社を作り生損保の激動の時代も経験してきました。したがって、生保についても資格を有しています。その前提で賢い生保の活用方法について3つのポイントをお贈りします。まずは、生保外務員、あるいは代理店の勧めるものは慎重に検討することです。何故か、それは新商品ができたときに下取り制度を使って販売攻勢をかけて来るからです。下取りとは、解約返戻金を充当して新たに新商品に加入させあたかもお得感を出すやり方です。したがって、皆さんが得をするということは有りません。勿論新しい特約などがついてきますのでどうしてもその特約が必要ならば、下取り制度を利用するのは構わないと思います。2つめは、ライフステージに合わせた加入方法を知ることです。家族ができて一家の大黒柱となった時が生命保険を考えるチャンスですが、高額な補償は必要ありません。健保や地方自治体でも一定の補償がありますので1億はもとより5000万も高額といえます。その分運用した方が賢いですね。3つ目が最大のポイントとなります。生保の構成は終身と定期の2種類から成り立っています。定期は終身に上乗せして補償するものと考えて下さい。つまり、安いですが、掛け捨てです。終身の特徴は解約すれば返戻金が戻ってきます。しかも一生の補償です。若いうちに最低500万は加入しておくといいです。働き盛りの時にここに3000万から4000万程度定期を別にかけておきます。この合計額があなたに万が一あった時にご家族に支払われる保険金となります。子供が独立したあとは定期は不要なので終身だけ残しましょう。私も今は500万の終身のみです。最後に、あなたの会社に団体の加入制度があれば是非活用してください。給与天引きで10%程度安く入れますよ。少しは、参考になりましたでしょうか?高い買い物です、じっくりと比較してみて下さい。
生命保険は専門的な知識が必要なので、見直しをする際には保険のビュッフェなどプロのファイナンシャルプランナーに相談するのもおすすめですよ!詳細はこちら