野良猫君がやって来たニャア

肌に優しいメイク落としの方法


皮膚に負担をかけず、できるだけお肌を傷めないように配慮しながら、メイクを施したり、メイクを落としたりしていきましょう。

しっかりとメイク落としができなければ、肌をきれいに保つことが難しくなってしまいますので、くれぐれも要注意です。

メイク落としをする時には、まず、蒸しタオルや、スチーマーを利用して肌を温め、湿度を上げることで、毛穴が開くようにします。

皮膚の温度が上がり、蒸気が行き渡ることで毛穴が開き、皮膚の中に入り込んだメイク汚れも無理なく落とせます。

たっぷりとクレンジング剤を手に受けて、しっかりと泡立てた後、リンパ腺に沿ってお肌を揉みほぐすようにして洗います。

メイク落としの際にリンパ腺を刺激することで、皮膚の中を流れているリンパの循環がよくなり、代謝もアップします。

ぬるま湯で顔を洗うことで、皮膚に負担なくメイク落としができます。

毛穴の中に詰まっている汚れを落とそうとしても、冷水で洗顔していると毛穴が締まってしまいます。

汚れがしっかりと落ちたことを確認してから、冷水とぬるま湯で交互に顔をすすぐと、血行がよくなります。

冷温の水で顔を洗う方法は、皮膚にとっては刺激にもなりますが、程度を越えて顔を洗っていると皮膚の負担になりかねないようです。

お肌にメイクの汚れが残っていると、皮膚を痛めてしまいますので、皮膚にダメージがいかないようにメイク落としをしましょう。

洗顔後のお肌にきちんとスキンケアしておくことで、メイク落としが終わった後の肌をいたわることができるといいます。

 

浅草KT歯科のインプラント費用