野良猫君がやって来たニャア

卒業ソングと、思い出と、私。


私も少し前までは学生だったので感じることは、もうすぐ卒業シーズンかぁとしみじみ。

卒業と言えば、卒業ソングですよね。

やっぱり最初に思いつくのはユーミンの「卒業写真」とかですかね。

最近の10代の子はユーミンは教科書の人だと覚えられているみたいですけどね。

せっかくなので私の思い出の卒業ソングの話でもしようかなと思います。

私は最近まで音楽、といってもミュージシャンを育成する学校に通っていました。

残念ながら諸事情により今回卒業はできませんが、もうすぐ私の同期たちは卒業していきます。

私が通ったコースで学んだのは作詞作曲ですので、卒業制作も自分たちで歌詞、楽曲、楽器演奏、パフォーマンスと
何から何まで作り上げていきました。

自分たちで作り上げたものと言うのはどんな卒業ソングよりも思い出に浸れ、
熱いものがこみ上げてくるものだ、と最近思います。

この世界にはたくさんの音楽であふれていますよね。

数ある卒業ソングの中から皆さんも何か思い出があるのではないでしょうか?
既存曲で印象にある思い出と言えば、高校の合唱大会で歌ったエグザイルさんの「道」です。

そのとき金賞を頂くことができ感動したのを覚えています。

その曲が卒業式の日にもらったビデオの
BGMに起用されてたときは、思い出してさすがに私の涙腺はやられてしまいました。

ただただ一生懸命やってたことが報われたときに携わった曲や、想いが同時に振り返れて
自分のこれからへの踏ん切りにできるのが、卒業ソングなんじゃないかなと私は思います。

みなさんにはみなさんの大切な卒業ソングがあると思います。

よければぜひこの機会に振り返ってみては?
http://xn--hckh0k8aa.com/