野良猫君がやって来たニャア

キャッシング利用中に金利変更されることはありません


返済中のキャッシングに関して、途中で金利が多くなり、当初の返済総額よりも金額が増す可能性はあるものなのでしょうか。一旦借りてしまったから金利が増えるようなことがあったら、予定額よりも返済額が増えて返済が難しくなる場合もあります。
キャッシング会社のサイトでも、金利が増える可能性については一切書かれていないため、不安になってしまうという方もいます。基本的には、キャッシング利用している間に金利が変更されることはありません。次からの借り入れで、金利が変わるということは、場合によっては起こります。返済が終わっていないうちに金利を見直すと、利息を算出し直さなければいけなくなるため、借りたお金を返し終わってからでなければ金利は変更しないことになっています。例外は、月々の返済期日までに借りたお金を返しきれない時です。延滞料金が生じると、金利は高くなります。返済を滞らせたために、利息が格段に高くなることがあります。返済中の金額がまだ高いと、金利が高くなったことで利息額が急に高くなるということがあります。もしも、金利が見直されると、完済までの予定を大幅に修正しなければいけなくなりますので、返済を滞らせないようにしましょう。全くメリットの無い金利の引き上げにならないように、返済の滞納は未然に防ぐことが必要です。借り入れ中に金利がふえたら、その分、返済も大変になりますので、予定通りの返済を心がけましょう。キャッシングサービスを利用している最中に、金利が変動するという心配はないですが、延滞などが原因で、金利が高くなってしまうことがあります。