野良猫君がやって来たニャア

ブラックな期間が後どれぐらいつづくのか調べてみました


いまだにブラックなのか調べるために信用情報の開示をしたんですけど思っていたよりも先でショックです。あと半年ないと思ってたのに。

クレジットカードとして、何となくうっかりふところ引き落とし日に残金欠陥でプライスが未納になったことがあるという奴がたくさんいる。

これが個人信用情報ksc組織へ事故情報として登録されてしまい、置換審査やローン審査に影響が出るのでは薄いかと心配している奴が多くいる。

しかし、うっかり一回だけ忘れたぐらいでは遅滞したという採録が付くことはありません。

本当にクレジットカード社が、遅滞した事実を個人信用情報ksc組織へ登録する際には数カ所ヶ月の遅滞を引き起こした場合が多いからです。

2ヶ月か3ヶ月のどこで遅滞採録を信用情報ksc組織へ登録するかは、実際の受け取り月々といった記帳月にも関係してくるので各信販社やカード会社によって違う。

督促メッセージが来てからアッという間に支払った場合には、何より問題なく支払ったことになることが多いので問題ないでしょう。

確かに世間では悪徳やブラックリストと呼ばれて怖いもののようにいわれますので心配になるのも頷ける気がしますね。

クレジットカード社が個人信用情報ksc組織へ登録する事故情報には、遅滞通信だけでなく借入金整頓を行った際に出席内容の加筆など行った場合には、出席内容変更の事実が記帳されます。

適当整頓を行った際に、示談条件として新たな分割払い要項が設定された残債が残っているということです。

人再生や破綻の事実は、官報に掲載された案内が記帳されます。

過払い金額の返却需要を行った際に、残債が残らなかった場合には皆済したことになりますので、事故情報として登録されることはありません。

個人信用情報ksc組織への展示需要を行った際に、皆済となっていた過払い金額需要に対して、転勤通信が登録されていた場合には省略注文を金融社について行なえます。

ただ、事故情報が事実の場合は信用情報ksc組織に事故情報の省略を申し出ても消されることは絶対にありません。

こちらの債務のブラック期間についてはコチラ!を参考にしたらできました。