野良猫君がやって来たニャア

内臓脂肪を落とすために


食品にはいろいろなものがあるため、ラクトフェリンの含有量を意識しながら選ぶとよいですね
なお、ラクトフェリンは、健康食品やサプリメントで摂取する方法も注目されています
体脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」がありますが、ここでは内臓脂肪をメインにしてお話したいと思います。

体内に取り入れるカロリーが多すぎると「脂肪」となって体内に蓄積されます。

それを防ぐためには、食べ過ぎを控えることはもちろんですが、摂取したカロリーをエネルギーとして使うことも大切です。

そこで注目されているのが基礎代謝をアップさせる方法です。

基礎代謝とは、生命を維持するために必要なエネルギーのことをいい、消費エネルギーの約70%を占めています。

基礎代謝量は加齢とともに減少するため、意識してアップさせる必要がでてきます。

そのためには、朝食をしっかり食べることも大切です。

また、摂取カロリーを極端に控えると基礎代謝が下がるため、内臓脂肪が増えて逆効果になることも知っておきましょう。

基礎代謝の約30%が筋肉で行われることから、筋トレの必要性にも注目されています。

つまり、筋肉量を増やすと内臓脂肪の減少にもつながるのです。

そのためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。

たとえば、ウォーキングをするときは足を高く上げる方法や早歩きをする方法などがあり、それらの運動を意識するとエネルギー消費量アップにもつながります。

ただし、30分くらいを目安に毎日運動を続けることが大切です。

脱毛基礎知識

食事面ではラクトフェリンを多く含むヨーグルトやチーズなどがおすすめです。

それらの食品にはいろいろなものがあるため、ラクトフェリンの含有量を意識しながら選ぶとよいですね。

なお、ラクトフェリンは、健康食品やサプリメントで摂取する方法も注目されています。