野良猫君がやって来たニャア

姉妹と付き合って学年中の女子に嫌われた。


中学3年の夏。僕はこの時に誰とも付き合ったことがなく、それ自体が恥ずかしかった。スクールカーストも上の方の目立つグループにいつつも僕1人だけ交際したことが無かった。その時に同じクラスの学級委員の女の子と仲良くなった。たくさんの連絡を取り合い気が合うと思い、人生初めての彼女が出来ました。

ただ人としてダメなんですが、何故か手に入れた時に興味が無くなるというか、急に冷めてしまったんですよ。でも、付き合ってて、たまたま彼女の家にお邪魔させてもらった時に、一個下に妹がいるとは聞いていてので3人で遊ぶことになったんです。そのたった1日で僕が惚れるのに充分でした。姉とは違い、しっかりはしてないもののその自由奔放さや無邪気さに僕はもう虜になってしまいました。その日にさり気なく連絡先の交換に成功しました。ただ今思うとさり気なくではなく不自然だったかもしれないです。幼き頃の行動力は恐ろしくて毎日毎日姉ではなく妹に連絡を熱心に入れました。季節は冬になり姉とは別れました。その瞬間に妹に告白。妹はオッケーをくれたんですが、姉のことが気になると言われ内緒で付き合うことに。その内緒もすぐバレてしまうことに。姉妹の家の近くで話しているところをまさかの姉に目撃される!そこからは姉の連絡網により翌日には学年中に知れ渡りました。姉を騙して妹に近付いた人と。ただ言い訳は姉も好きでした。そんなことは意味も持たず、卒業まで学年中の女子に嫌われてしまいました。高校に行くとすぐに妹にも振られました。ユーブライドの要注意人物には注意が必要かな。