野良猫君がやって来たニャア

子宮筋腫とは


子宮筋腫とは子宮の筋肉にできる塊で、良性の腫瘍です。

子宮筋腫の発生の原因は明らかになっていませんが、卵巣の働きと深く関与していることが分かっています。

筋腫が他の臓器に移転することはほとんどなく、卵巣から分泌される女性ホルモンの作用によって少しずつ時間をかけて大きくなります。


その大きさは目に見えない小さなものから、数十センチ大のものまでさまざまです。

大きくなっても生命に影響するものではなく、症状による日常生活への支障がなければ必ずしも治療が必要な病気ではありません。

症状は子宮筋腫のできる場所によって異なり、生涯無症状で気がつかないまま終わる人もいます。

代表的な症状は月経困難症、それに伴う月経痛、貧血などがあります。

また帯下(おりもの)の変化や腰痛や頻尿、便秘、不妊などの症状が現れることもあります。

後悔しない弘前の脱毛サロン選び

子宮筋腫はピンク色、あるいは灰白色をし、中には血液の流れが悪いために暗赤色をしているものもあります。

固さは一般的にソフトボールくらいの固さと言われています。

子宮筋腫は正常な月経のある成人女性に見られる場合が多く、成人女性の10人に2~4人に子宮筋腫がみられると言われています。

現代では目に見えないほどの小さな筋腫まで調べれば、ほとんどの成人女性に見られると言っても過言ではないほどありふれた病気なのです。

最近では体格の向上によって初経年齢が若年化しています。

そのため子宮筋腫の発見も近年低年齢化しており、20歳台の女性で発見されるケースも増えています。